本文へスキップ

実は遺品整理をする時間が無いという遺族の方はとっても多いのです。

『遺品整理の時間はあるか』は、遺品整理の代行業者ついて 詳しくない人にもわかりやすく、 どうやって専門業者を探すのか、こちらで先に準備することはなにか、 といった遺品整理に関するあらゆる情報を紹介します。

遺品整理とは

昔は考えられなかったサービスですが最近は少子高齢化の時代になるに伴い増加傾向 にあるサービスに遺品整理の代行があります。 これは遺族に代わって故人が生前に使用していた遺品を要るものと処分するものに分け たり、部屋ごとあるいは住居ごとの掃除を引き受けてもらえるサービスです。 残されたご遺族の方がやるのが一番なのですが、最近ではご子息が遠方へと引越しを していたり、故人が賃貸住宅に住まわれていて時間的に急がなければならないケース などもありなかなか理想通りの展開とはいかず、こうしたサービスの需要も増加して いるのは時代の流れかもしれません。


代行業者探し

ここ最近の傾向として、子供に親の面倒をみる余裕がなくなってきた、自分の葬儀は 自分で準備をしなければ、というのがあるようです。 これまで日本では子供が親の面倒を見るのが当たり前だという考えがありましたが、 少子化や晩婚化、また実家から離れて都心部へ就職する子供も多く、今までのような 考えは期待しづらくなってきたようです。 なので遺品整理についても遺族の手によって行われるだけが全てではなく、代行業者 に依頼して手助けしてもらうことも多くなってきたのでしょう。 まだまだ歴史の浅い遺品整理の代行業者ですが、どのような基準で探して選べば よいのでしょうか。


PR 遺品整理の代行(名古屋・三河・尾張)
名古屋不用品回収.comでは遺品整理の代行をいたします。
愛知県内全域対応(名古屋・一宮・春日井・岡崎・豊田・刈谷など)
お気軽にお問い合わせください。
フリーダイヤル:0120-840-530(年中無休・24時間対応)

依頼と準備

依頼する業者が決まったら業者に電話なりメールなりで連絡をしますが、その時に 必要な情報はあらかじめ調べておくとスムーズに話が進むでしょう。 最低限必要な情報は遺品整理してもらいたい場所の住所、そこがアパートなのか マンションなのか一戸建てなのか、その広さ、下見の日時と本作業の日時でしょうか。 どこでどれ位の広さなのかがわからなければ業者もおよその金額の目安もいえませんし、 それを聞きたがる顧客が多いのでこれ抜きではなかなか話が進みません。 正確な見積もりは下見してからになるでしょうが、それでも「だいたいいくらなのか 教えて欲しい」と食い下がる顧客は遺品整理に限らず本当に多いのです。


下見と見積もり

下見にやってきた業者は現場の様子を詳細に調べて見積もりを出します。 整理すべき遺品がどれだけあるか、積み込むためのトラックは現場からどれ位の距離 に駐車することになるか、その経路に階段やエレベーターはあるか、などを調べて 当日の作業員数、作業時間を計算し見積もりを弾き出します。 業者によっては情報を持ち帰って後日見積もりを提示してくれることもありますが、 たいていはその場で教えてもらえるでしょう。 依頼するかどうかは見積もり次第という部分もありなるべく早く知りたいことですし、 経験豊かな業者なら下見をすればすぐに見積もれるはずです。


PR 岐阜で遺品整理なら
ハートピアは美濃加茂・可児・土岐・多治見など岐阜県全域で対応します。
遺品鑑定士が多数在籍。整理だけでなく買取も承ります。
フリーダイヤル:0120-702-810(携帯電話・PHSからもOK)

バナースペース

PR 愛知県・三重で遺品整理なら
http://tokuso-honpo.com/
孤独死や自殺現場の特殊清掃、遺品整理のことなら「特掃本舗」に何でもご相談ください。
フリーダイヤル:0120-932-837